日々の楽しさ

 

 

 

 

私は日々を楽しんで過ごすようにしています。

 

大切なのは楽しむ事

 

心はいくらでも楽しめます。

 

 

たとえ、体調が悪くても、身体とは別に心は楽しめると考えています。

 

 

 

また、人の時間には限りが必ずあります。

 

どんな人も生きてる方は「大切な残り時間」を使っています。

 

 

 

そして、どんな人も生きている時間には終わりがきます。

 

 

30年後か20年後10年後か、もちろん明日か、今日かもしれません。 

 

 

「大切な残り時間」を使っているのなら、

 

その時間はなるべく楽しく使いたい。 

 

怒ったり、泣いたり、して使うのは、

 

もったいないと考えております。

 

 

 

こんな事から私は

 

日々を楽しく過ごすようにしています。 

 

 

 

 

 

皆さんはどう考えられるでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切な残り時間を使っているなら、

 

いつも楽しく時間を使いたい

 

 

 

 

こう考えるのには理由がもう1つ

 

 

 

大切な残り時間はどういうものか?

 

 

それは、多くの人に延ばして貰った大切な残り時間です。

 

 

 

家族、病院、施設、介護の人達、

 

その他の人達、生きてる周りの人達、

 

色々な人達が自分にしてくれている事、

 

 

それは

 

 

「私が生きている大切な残り時間を

 

少しでも伸ばそうとしてくれているという事」

 

 

 

どんな人の生活も介護や救命も手術も何もかも、

 

私の時間を延ばしてくれるものです。 

 

 

 

人が延ばしてくれた大切な残り時間は大事に使いたいと思うのです。

 

 

 

 

 

 

たとえ、身体の調子が良くなかったとしても、心は日々とても楽しい。

 

 

皆さんが延ばしてくれた私の大切な残り時間は楽しく使いたい。

 

 

 

とても大切にいつも考えている事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先は時間がある方に。。。

 

 

 

 

日々を楽しくする為に

 

 

出来るだけ「怒らずに褒める生活」をしています。

 

 

 

 

とても、日々が楽しく過ぎています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒らずに褒める

 

 

 

これは日々を楽しくするコツです。

 

 

「自分に取って人がする嬉しくない事は上手に流して

 

人が嬉しい事をしてくれたら、その時の


嬉しい気持ちを最大限に相手に伝える

 

 

 

人は相手がしている事で

 

その人との距離感を無意識に決めています。

 

人は怒られても行動は変わりません

 

怒った人との関係が悪くなるだけです。

 

人は褒められると行動が変わります

 

褒めた人との関係が良くなります。

 

 

相手は子供、大人、歳を重ねた人、どんな人もです。

 

自分に嬉しくない事をしてる人を怒る事をやめて、

 

褒め出すと良い事が沢山起きます

 

 

 

 

 

ウチの家に遊びに来た3歳の女の子の話です

 

ヤンチャな女の子に「この落書き帳にペンで何でも描けば良いよ」

 

「でも、机には描かないでね」と言ってペンとノートを渡しました。

 

その子がまずやった事

 

こちらを気にしながら机に落書きする事

 

ここで「流す」を使います

 

もちろんこちらは気づいてますが、放っておきます

 

すると、せっかく落書きをしたのに取り合われないので

 

しばらくするとノートに描きだしました。

 

その瞬間から褒める時間です

 

「ちゃんと言う事聞いてノートに描けるんだね」「凄いねぇ」

 

「上手に描くねえ」「凄いねえ」

 

「ほかに何か描ける?」「何でも上手に描くねぇ」

 

「たくさん絵を描いてくれてありがとう」

 

褒めてあげているとモジモジしながら女の子が

 

「でもね…机に描いちゃったの」と自分から言ってきました

 

こちらはもちろん怒らずに

 

「じゃ、一緒に消そうか」と声をかけると

 

一緒に落書きを消してくれました

 

その後、女の子は一度も机に落書きしていません

 

 

それどころか、その後にも褒めていると

 

キュウリの酢の物を言われた通りに作ってくれました

 

もちろん失敗もしつつですが

 

褒められながら生まれて初めての料理を作って

 

それまで苦手だったキュウリの酢の物が大好物になってます

 

 

 

これは子供の簡単な話ですが大人も同じ事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「怒らず褒める」はなかなか難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

「世の中のどんな人も、ありとあらゆる得意不得意を持ちながら生きている」

 

この事に気付いていると上手く出来る人は得意なんだな。

 

そうではない人は得意ではないんだなと考えられるようになります。

 

 

世の中は適材適所がとても大事です。

 

得意な事が上手く合ってない事もあるんだな

 

ただ、そう思えるようになって来ます。

 

ただコレだけで、気分は変わりにくくなります。

 

 

 

もちろん自分にも得意不得意がしっかりあります。

 

それに気づいて身の回りの人に話をしておけば、

 

周りの人達に理解してもらえます。

 

 

 

 

常識、当たり前などは無い事に気付けると、心はとても落ち着きます。

 
 
 
 
普段から気を付けている事
ゆっくり喋る事にしています
私は早口で喋る事が多かったのですが、つい瞬間的に反応したり
言葉使いが悪くなっていたりしている事に気付きました。
きちんと考えながらゆっくり喋る事にしています。

 

 

 

 

ちょっとした日々の言葉です。

 

 

毎朝、妻と話をしています。

 

「今日も楽しくてしあわせな1日にしましょう」

 

 

寝る前にも妻と話をしています。

 

「今日も1日楽しかったよ。アレもアレも面白かったね」

 

「本日もしあわせ。」

 

「ありがとう」

 

 

朝の言葉で1日を楽しむのを思い出します

 

夜の言葉で1日が思い出されて楽しい1日だったの感じます。

 

 

また、特別面白かった事はメモするようにして

 

後日、それを読んで思い出し笑っています。